EVENT GUIDE
1999パラグライダー千々石カップ

2002千々石カップ2001千々石カップ1999千々石カップ
1999テイクオフ1999ランディング 1999 表彰式&成績表1999 実施要項

TAKEOFF
99年猿葉山が燃えた海の日に空を泳ぐ夏のイベント開催!
---------------
毎年7月20日海の日
---------------

7月20日(火)海の日にパラグライダー・千々石カップが開催された。猿葉山エリアは午前中から好天に恵まれ、南西の風が安定して吹きぬける絶好のコンディションとなった。県内および九州各地より、精鋭のフライヤーたちが顔を合わせ、しのぎを削ることとなった。まず、千々石町役場で受付登録。選手を代表して美人フライヤー今村祥子さんが選手宣誓を行った。次に競技説明があり、今日のタスクは「2ケ所のパイロンとターゲット」となった。パイロンはサイコロマークで、目の数を当てる。1ケ所は少年自然の家の屋上の海側手すりに掛けられ、もう1ケ所はランディングより数百メートル愛野寄りの砂浜沿線上に設置された。2本フライトし、その合計点を競う。



それぞれ役場の車で猿葉山まで移動する。猿葉山テイクオフはフライヤーとギャラリーとカメラマンで、一気に賑わいを見せた。パイロンの設置が終了した時点で、いよいよゲートオープンだ!先陣をきって、わがフライトぽてと・馬場さんがテイクオフの準備に入った。「悪かばってん、あんたさぁ!ウインドダミーになってやっとばい。おいが最初に飛ばんば、だいが飛ぶと?」--なんて言いながら、相変わらず強きのテイクオフとなった。次にフライトぽてと会長の野添氏テイクオフ、続いて、奈良からわざわざ参戦してきた鎌田氏が新しい真っ赤な機体でテイクオフした。
風はリッジで遊べるほどの風ではなかったが、大会進行上は好都合の安定した南西風が吹いていて、フライヤーは自分なりのタイミングを見計らって、次々に飛び出す。その中には久々に来崎した、九州エリア通の宇都宮さんもテイクオフをひかえていた。その奥には黄色いヘルメットの、有力な賞候補の前川氏(ナインティナイン)のスタンバイも見える。

右の図は、ランディングの付近を真上から見た図です。大会本部のすぐ前の砂浜にブルーシートをしき、直径およそ1mの赤いターゲットを競います。砂浜上の数字は、得点です。ターゲットからおよそ5m間隔で離れるごとに5点ずつ点数が下がっていきます。


千々石カップ参加者募集要項
1999年第4回パラグライダー千々石カップのご案内


フライヤーの皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。さて、海の日が制定されたことにちなみ、昨年は町制70周年記念事業として海のイベントと合わせたところの大会「ちぢわ活きいきフェスタ」を開催しましたところ、多数の参加をいただきありがとうございました。今年も第4回パラグライダー千々石カップを開催することになりましたが、昨年に引き続き「ちぢわ活きいきフェスタ」と称し、日程を海の記念目である7月20日(火)の1日間で大会を開催することになりました。
スカイスポーツ基地のある猿葉山は標高392mで、
テイクオフポイントは378mに南西と北東の2ケ所を切り開き、風が弱ければ全方向のテイクオフが可能なエリアです。ランディングは「日本自然百選」、「白砂青松100選」に制定された千々石海岸の砂浜を利用し、約2kmと広い砂浜は初心者にも安全にランディングでき、高度フライトの練習にも、うってつけのエリアとなっています。夏には海からの安定した風が吹き上げ、リッジソアリングで秋のサーマルシーズンには千々石町からサーマルにのり、上昇することができるでしょう。過去のフライトテストでは高度1600m程上昇して、 雲仙普賢岳、橘湾、有明海を眼下にフライトできました。まだまだ未知の可能性を秘めたエリアをこの機会にぜひ一度確かめて頂くためにも、多数のご参加をお待ちいたしております。
また、7月20日には
千々石町商店街において、「歩行者天国」のイベントも開催されます。ちぢわの特産品を材料にした、ちぢわでしか味わえない料理など盛りだくさんの店が出ますので、選手やその家族の方も 「歩行者天国」のイベントに参加くださるようお願いいたします。--平成11年6月「ちぢわ活きいきフェスタ」実行委員会--


99パラグライダー千々石カップの実施要項
目 的
千々石町と小浜町との境にある猿葉山は猿葉神社のある山として有名です。この自然に恵まれた地域を「猿葉山自然公園」として県が事業を進め、この中でスカイスポーツ基地が整備されました。橘湾、そして普賢岳からの風は猿葉山付近で上昇気流となり、フライヤーにとって絶好のエリア。しかも標高392mの低い山であり、ランディングボイントの千々石海岸との距離も短く、移動がスムーズであること。年間を通じてフライトできること、また橘湾、有明海、普賢岳と絶好のパノラマを楽しめるエリアであることから、ここでパラグライダー大会を行い、町のイメージアップと地域振興を図る目的で開催します。
日   程=平成11年7月20日(火)※雨天の場合25日(日)
場   所=千々石町猿葉山自然公園(テイクオフ) 千々石海岸〈ランディング)
主   催「ちぢわ活きいきフェスタ」実行委員会
後   援=千々石町・千々石町商工会・千々石町漁業協同組合・JA雲仙
協   賛=ファルホークほか協賛団体予定
参加資格=JAAフライヤー登録者、パラグライダーB級以上の技能証所有者
     B級、NP級の者はパラグライダー教員の推薦が必要です。緊急パラシュートは必ず装着のこと
参 加 料 =6,000円
募集人員=60人
競技種目=シークレットパイロン
     特定の場所に秘密のマーク(数字など)を設置して、フライヤーがそれを確認した後に着地場所まで
     戻り着地する。 フライト数は2本。
参加申込=参加申込書兼誓約書に記名捺印のうえ、参加費を添えて現金書留にて申込んでください。
     (1)申込みは先着順とし、60人で受付を締め切ります。
     受付後の参加料の返金は出来ませんのでご了承ください。(大会中止の場合は、返納いたします。)
     (2)大会当日の
受付は、午前10時から10時30分まで千々石町役場で行います。
     (3)当目の昼食は、主催者側で準備致します。
     (4)不測の事態に備え、
傷害保険等への加入は、選手の貢任において加入してください。
申込締切平成11年7月10日必着のこと
表  彰1位から5位まで(副賞、豪華賞品)、参加賞

     申し込み及び問い合わせ先=〒854-0405 長崎県南高来郡千々石町戊582番地
     千々石町役場経済課内「ちぢわ活きいきフェスタ」実行委員会宛 電話0957-37-2OO1
そ の 他
イベント=
7月20日「ちぢわ活きいきフェスタ」
     
商店街を歩行者天国にして、千々石ならではの夜市、バザール、イベントを予定しています。

宿泊先問い合わせ=天川屋旅館(千々石町) 0957-37-3196
         三門屋旅館(千々石町) 0957-37-2013
         武蔵野旅館(千々石町) 0957-37-2151
         小浜温泉旅館組合0957-74-2672
         各自問い合わせのこと

99パラグライダー千々石カップのタイムスケジュール
7月20日(火)海の日
10:00 受付開始 役場駐車場(選手の車は役場駐車場を利用)
10:30 受付終了
11:OO 開会式(千々石町役場玄関前)
11:3O 開会式終了後フライト地点に移動。(役場等のバスを利用する)
12:O0 競技開始
15:00 ゲートクロ ズ
16:00 表彰式及ぴ閉会式(お祭り広場)
17:00 商工会「歩行者天国」イベントに参加


99パラグライダー千々石カップの入賞賞品
一般部門                      レデイース部門
1 位……賞状・トロフィー2万円相当・副賞5万円相当  1 位……賞状・トロフィー7千円相当・副賞3万円相当
2 位……賞状・トロフィー1万円相当・副賞4万円相当  2 位……賞状・副賞2万円相当
3 位……賞状・トロフィー7千円相当・副賞3万円相当     (副賞は、千々石町特産品ほか)
4 位……賞状・副賞2万円相当
5 位……賞状・副賞1万円相当


\千々石カップテイクオフ\ランディング \表彰式 &成績表\伐株大会\CG図解猿葉山攻略法\