EVENT GUIDE

2003グラスフィールド2002グラスフィールド2002実施要項2001遠征記

 第2回グラスフィールドカップ草野町2003(久留米市草野町・耳納エリア・グライダー山)

 長崎フライトぽてと遠征記(野添英一郎)


グラスフィールドカップ2003大会要項はここ→click   ダウンロードはここ→click

地道な大会運営編
楽しい大会でした♪,「グラスフィールド」、其の名とおり久留米市は草野町にちなんだネーミング。「グライダー山」、ここは日本におけるグライダー発祥の地として歴史にのこる山だ。
この地でコツコツと地道な努力を重ねて来たクラブが「スカイ・クルーズ」。彼らがモットーとする「楽しく飛べなければパラじゃない」の言葉どおりのすばらしい。実に楽しいパラグライダーの大会が開催成立した♪。彼らはクラブメンバー+αでの大会運営にもかかわらず、草野町区長さんの協力を得、大会開会式には何と久留米市長が大会に駆けつけ祝辞を述べてくれる大会運営をやってのけた。

楽しい記念写真編
記念撮影の画像を見ると、その楽しかった大会の様子が参加選手、スタッフの満面の笑顔から十分に読み取れる。今回のレポートはこの画像から楽しかった其の様子を読み取ってもらい、想像におまかせして、おおまかにします。

絶好の気象編
大会当日の予報は移動性高気圧ドップリの晴天雲なしの予報。パラの世界では鍋ぶたをかぶせられた状態であまり上がらないと思っていた・・・が!。予想予報に反し当日最高到達1600を記録する者まで出るコンディションになった。


(このページの写真提供はスカイクルーズの皆さんにご協力頂きました。)△▽




フライトぽてと
の野添氏(左)と
ターゲットに向
かう松本美由紀
ちゃん(右)








フルパイロンゲットも出た
タスク編
タスクはシークレットパイロン第1〜第5を記憶しメインランディングもしくはサブランディングにて帰着申告をする。競技は2本のフライト、2本目の競技フライトをすると1本目のフライトは無効なる。よって、1本目に好得点と判断した場合、2本目をTO時にフリーフライト宣言が出来る。同得点の場合、フライトタイムが短いものが上位。当然、各パイロンは回り込まないと見えない様にしてある。先に述べた様な気象予報予想だった為、第5パイロン(片の瀬橋)は取れないだろと皆思っていたが驚きのフルパイロンが2名も出た。また、フリーフライトに切り替えた多数の選手も筑後川を越すフライトをし、競技でないといい飛びが出来るのにと悔やむ選手もいた。

また行きたくなる思い出編
こうして「グラスフィールドカップ“03春」は各参加選手の心の中に楽しかったフライトログと思い出を胸に刻み、次回、また会うことを約束し無事終了した。えッ!成績ですか? 私は切りのいい10位でした♪。飛び賞をもらいました。

スカイクルーズの鈴山さん